スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ・イベント】Peace Music Festa! 辺野古2010(10/30-31)

以下転載情報♪

===========
『Peace Music Festa!辺野古2010 〜辺野古の海から世界が見える〜』
2010年 10月 30日(土)・31日(日)
場所: 沖縄県 名護市 辺野古ビーチ
OPEN 11:30 START 12:00 END 20:00(雨天決行)

料金  <一日券>大人 前売り 2500円 当日 3000円
        高校生 前売り 1000円 当日 1500円
※通し券はありません。二日お越しの場合は二枚お求め下さい。
中学生以下は入場無料。中高生は入場時に要学生証提示。
出演者(第一弾発表):七尾旅人/PAPA U-Gee/三宅洋平/KZ(G.A.C)
カクマクシャカ/中川五郎/知花竜海×城間竜太/45 with RADICALITES/
JAVA/當山貴史(Shaolong To The Sky)/KEN子/operon/and More・・・
チケット発売日、アーティスト出演日などに関しては追ってブログで発表。

主催:Peace Music Festa!辺野古2010 実行委員会 
【Info】pmf1☆peace-music.org (☆を半角@に直してください)
【ブログ】 http://peacemusic.ti-da.net/
【Twitter】 http://twitter.com/PeaceMusicFesta

辺野古で遊ぼう、辺野古で踊ろう!
音楽には、世界を動かす力があります。
私たちはその可能性を信じています。
米軍普天間基地の移設問題で揺れる沖縄県 名護市 辺野古。
ジュゴンも生息するこの美しいサンゴの海を本当に埋め立てていいの?
平和と自然と音楽を愛するミュージシャン達による
ボランティア運営の手作りフェス。
美味しい屋台やライブペインティング、トーク、ダンス、
ワークショップ、エイサーなどもあります。
辺野古の海から世界が見える!
スポンサーサイト

梶川ゆきこ・広島県議に対して、謝罪と真意の説明を要求します。

梶川ゆきこ議員

あなたとは何度かツイッター上でやりとりいたしましたので、ツイッターでの名前で投稿いたします。

先日、私は、あなたの「職場のセクハラがなくならないのは家庭の主婦の責任」という発言に抗議する形でコメントし、
あなたから直接、「あなたの考えるセクハラ予防策とは、何ですか?」と問いかけられたので、
私は、普段取り組んでいる暴力防止のワークから考えたことをお返事いたしました。

しかしあなたはその後、「様々なつぶやき(今の政界で思われていること)に対して、どんな化学反応が起きるのか、試してみました。」とツイートされ、私を含めた、真剣に答えた方々を利用し、踏みにじりました。

これは、セクハラという暴力を防止しようとしている代議士の方のすることとは到底思えません。
何度もあなた宛てに@で申しあげている通り、暴力防止とは、違和感や不安や恐怖を感じている声を一つ一つ丁寧に聞き、それも聞き流すのではなく、その先に一緒に何ができるのかを考える、ということが最低限しなければ、先に進めない、非常に地道で気の遠くなる作業です。
それなのに、セクハラ防止に取り組みたいとおっしゃる当のあなたが、
暴力防止とは対極にある、「人を試し」「利用する」ということを行ったのです。
ご自分のおやりになったことの重大さを、お分かりになっていないのではないのかと、私は非常に疑問に思っております。

今回のブログのエントリには、「ツイッターでは、私の考えを伝えきれないので、ブログを書きました。」とありますが、
ご自分のおやりになった「試した」ということについては、何らの説明も謝罪もありません。

繰り返しますが、「人を試す」という行為そのものが、暴力に相当します。
あなたが「試した」事に関して、あなたに対して、謝罪と真意の説明を要求いたします。
ぜひ、あなたのブログ上で謝罪の言葉と真意の説明をお書きになっていただきたいと思います。

この私の要求に対するあなたの行動そのものを、「暴力防止に本気で取り組みたい方が、暴力を起こしたときの対処の一例」として、私は注視したいと思います。

なお、このコメントと同じ文面を、投降した日付と時間とともに、私のブログにも掲載しておきます。

一刻も早い対応を希望します。

2010年10月25日 臥蛇

続きを読む

Because We're Women ~女だからこそ~

BECAUSE WE’RE WOMEN

Because women’s work is never done

And is underpaid or boring or repetitious

And we’re the first to get sack

And what we look like is more important than what we do

And if we get raped it’s our fault

And if we get bashed we must have provoked it

And if we raise our voices we’re nagging bitches

And if we enjoy sex we’re nymphos

And if we don’t we’re frigid

And if we love women it’s because we can’t get a ‘Real Man’

And if we ask our doctor too many questions

We’re neurotic or pushy

And if we expect community care for children we’re selfish

And if we stand up for our rights we’re aggressive

And ‘unfeminine’

And if we don’t we’re typical weak females

And if we want to get married we’re out to trap a man

And if we don’t we’re ‘Unnatural’

And because we still can’t get an adequate safe contraceptive

But men can walk on the moon

And if we can’t cope or don’t want a pregnancy

We are made to feel guilty about abortion

And …..for lots

And lots of other reasons

We are part of the women’s liberation movement

Joyce Stevens 




女だからこそ

女の仕事は尽きることがなく

賃金も安くて、退屈で、同じことの繰り返しだから、

そして女は一番最初にお払い箱になるから、

女は何をしたかよりもどう見えるかが重視されるから、

女は強姦されても、「お前が悪い」と言われるから、

女が殴られても、「お前が歯向かったからに違いない」と言われるから、

女が声をあげたら「口うるさいあまども」になるから、

女がセックスを楽しんだら「淫乱」と言われるから、

なのにセックスが楽しくないと「不感症」とされるから、

女が女を愛せば「本当の男を知らないから」となるから、

女が医者にいろいろ質問したら

神経質」とか「でしゃばり」とか言われるから、

女が子育ての社会サービスを期待したら「自己中だ」とされるから、

女が自分たちの権利のために立ち上がれば「攻撃的」

そして「女らしくない」とされるから、

逆に黙っていれば、典型的なか弱い女性と見られるから、

が結婚を望めば、「男を窮地に陥らせようとしている」ことになり

かといって「結婚したくない」と言えば、「異常」ということにるから、

男は月の上さえも歩けるほどの時代になったのに

女はいまだに適切で安全な避妊すらできていないから、

女がうまく避妊できなかったり妊娠を希望しなかったりした際には

中絶することに自責の念を抱かせられるから

そして…もっともっと

尽きることのない理由がほかにもあって、

だからこそ、私たちは女性解放の運動に加わるのだ。

ジョイス・スティーブンス

この詩は、1975年に、ジョイス・スティーブンスがWomen’s Liberation International Women’s Day Broadsheet に向けて書いたもの。
35年経っても、未だに状況が変わっていないことに驚かされる。 

プロフィール

臥蛇

Author:臥蛇
家族や沖縄、社会学や身の回りの現象に関して、日々悶々と考えつつ生きてます。

このブログを読んでくださるのは歓迎ですが、つらつら取り留めのない文章を書き連ねているだけのことが多く、読後に食傷感・後味の悪さを覚えることがあります。
それに関しては一切責任を負いませんので、ご了承ください。

また、ときどき大げさに自分のことを書くこともありますが、
あまり気にしないで、安心してお読みください。

twitter: http://twitter.com/qianbianwanhua

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページナビ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。