スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梶川ゆきこ議員への抗議文2(ブログへのコメント)

梶川議員への抗議文、2回目です。
前回の投稿から1週間が経ったうえ、
今回、新たに梶川議員が更新したブログ記事では、ツイッターでのご自身の発言の暴力性を省みようとなさらず、むしろ抗議のツイートを「嫌がらせ」とされているようなので、
再度抗議のコメントを、梶川議員の記事のコメントに書きました。
以下、同内容を掲載します。

==========
2度目のコメントをいたします。臥蛇と申します。
論点の整理をしたうえで、もう一度同じお願いをいたします。

梶川議員のツイッターでのつぶやき、そしてブログでの発言2点について整理します。
■職場でのセクハラを家庭の主婦の責任にした発言、ならびに、その発言で閲覧者を「試した」ことについて
1)梶川議員による、10月23日(土)19:08のつぶやきhttp://bit.ly/c3MV87ならびに、20:09のつぶやきhttp://bit.ly/ao3J74が、職場のセクハラの原因や代替処理を、家庭の主婦や「夜のお仕事」に携わる女性に帰責する内容であったこと。

2)何名かの閲覧者から真剣なセクハラ予防策について返答させておきつつ、実は閲覧者を「試していた」こと(同日23:57のつぶやきhttp://bit.ly/a06ecU)。

■ミニスカートの女性、非正規の女性を差別したように見える発言について
3)10月25日付の貴ブログ記事「セクハラを許さない環境を作ろう!」において、「ミニスカ女性」を「自分に挨拶しないので政治的無関心」「非正規雇用の女性はカジュアルな服装」とし、さらにセクハラ問題と併記したこと。

その上で、私が求めているのは次の2点です。( B)は新たに付け加えました。)
A)「試したこと」や「一部の抗議者を罵ったこと」についての謝罪と、「家庭の主婦や「夜の仕事」の女性と職場でのセクハラとの関係」についての真意をお聞かせください。
B)ミニスカ女性と非正規雇用とセクハラとの関係を、ご自身の考える範囲でお答えください。

ツイッターやブログへのコメントが非常に多く寄せられ、対応がままならないこと、時に暴力的な反応が寄せされ心を砕かれていることをお察しします。
しかし、1999年から2007年までに梶川議員がお受けになったバッシングと、今回の梶川議員の発言に対する反応は時間的には無関係で、一連の抗議は、上記1)を基点とする根拠あるものとして、お答えいただきたいと思います。

セクハラ対策の手法や主義主張、正義(発想・価値観・主張)の食い違いの問題に矮小化したり、抗議を「嫌がらせ」としたりせずに、ひとつずつ丁寧にお答えいただければ幸いです。

誠意のあるお答えをお待ちします。

2010年11月2日 臥蛇(qianbianwanhua)

続きを読む

スポンサーサイト

梶川ゆきこ・広島県議に対して、謝罪と真意の説明を要求します。

梶川ゆきこ議員

あなたとは何度かツイッター上でやりとりいたしましたので、ツイッターでの名前で投稿いたします。

先日、私は、あなたの「職場のセクハラがなくならないのは家庭の主婦の責任」という発言に抗議する形でコメントし、
あなたから直接、「あなたの考えるセクハラ予防策とは、何ですか?」と問いかけられたので、
私は、普段取り組んでいる暴力防止のワークから考えたことをお返事いたしました。

しかしあなたはその後、「様々なつぶやき(今の政界で思われていること)に対して、どんな化学反応が起きるのか、試してみました。」とツイートされ、私を含めた、真剣に答えた方々を利用し、踏みにじりました。

これは、セクハラという暴力を防止しようとしている代議士の方のすることとは到底思えません。
何度もあなた宛てに@で申しあげている通り、暴力防止とは、違和感や不安や恐怖を感じている声を一つ一つ丁寧に聞き、それも聞き流すのではなく、その先に一緒に何ができるのかを考える、ということが最低限しなければ、先に進めない、非常に地道で気の遠くなる作業です。
それなのに、セクハラ防止に取り組みたいとおっしゃる当のあなたが、
暴力防止とは対極にある、「人を試し」「利用する」ということを行ったのです。
ご自分のおやりになったことの重大さを、お分かりになっていないのではないのかと、私は非常に疑問に思っております。

今回のブログのエントリには、「ツイッターでは、私の考えを伝えきれないので、ブログを書きました。」とありますが、
ご自分のおやりになった「試した」ということについては、何らの説明も謝罪もありません。

繰り返しますが、「人を試す」という行為そのものが、暴力に相当します。
あなたが「試した」事に関して、あなたに対して、謝罪と真意の説明を要求いたします。
ぜひ、あなたのブログ上で謝罪の言葉と真意の説明をお書きになっていただきたいと思います。

この私の要求に対するあなたの行動そのものを、「暴力防止に本気で取り組みたい方が、暴力を起こしたときの対処の一例」として、私は注視したいと思います。

なお、このコメントと同じ文面を、投降した日付と時間とともに、私のブログにも掲載しておきます。

一刻も早い対応を希望します。

2010年10月25日 臥蛇

続きを読む

宮下公園が緊迫した状態になっています。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

偽装請負告発で解雇された男性が、「偽装請負」問題で敗訴

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

「男女共同参画」の名を借りた締め付け

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

臥蛇

Author:臥蛇
家族や沖縄、社会学や身の回りの現象に関して、日々悶々と考えつつ生きてます。

このブログを読んでくださるのは歓迎ですが、つらつら取り留めのない文章を書き連ねているだけのことが多く、読後に食傷感・後味の悪さを覚えることがあります。
それに関しては一切責任を負いませんので、ご了承ください。

また、ときどき大げさに自分のことを書くこともありますが、
あまり気にしないで、安心してお読みください。

twitter: http://twitter.com/qianbianwanhua

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページナビ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。